◇◆冬コミ(コミックマーケット91)参加します◆◇

2日目(12月30日) 東B−02a「MottoCompany」
今回はガルパンでの参加です!。
作業の進み具合とか、出し物の詳細とか、随時ご報告させていただきますので、ひとつヨロシクお願いしますデス!
■2016/12/08:冬コミ原稿UPしました!
冬コミ新刊の漫画の作業が終わって、今は目次とか細かいとこの作業をやってます。今週末に入稿予定です。

すでにとらのあなさんで予約が始まってますので、冬コミに行く予定がない方はよろしければ是非そちらでお願いします!
とらさんの販売ページはココ!
サンプルもありますので、ぜひ見てみてくださいませ!
あ、一応18禁です。良い子は見ちゃだめよ。


ちなみに新刊の内容ですが、とらさんの販売ページでは書ききれなかったので以下に改めてご紹介させていただきます!
今回の新刊もサークルメンバー3名による3本の短編漫画で構成されるオムニバス本です。エッチなのあり、ギャグあり、トンデモあり、シリアスも・・・シリアスはないかなw。各漫画の内容は以下のような感じです。

「愛里寿ちゃん攻略大作戦」
みほにばかり懐く愛里寿に対し、沙織たちが企てた愛里寿と仲良くなるための作戦とは!?

「AMR−ブラックの挑戦状」
幻の戦車を探しに行ったあんこうチームは何とピラミッドを発見する。その瞬間、彼女たちの4号戦車を謎の光が包み込み・・・

「ええい、大洗の西住は化け物か?!」
アンチョビと西住殿と武部殿のずっと一緒にいても全然負担にならないよ?

以上の3本です。
今回もバラエティに富んだ本になったと思いますので、ぜひお手に取っていただければと!
よろしくお願いしますデス!
■2016/11/27:覇王流子弟コンビ
■ViVid Strike! 第9話
リンネがヴィヴィオに負けたらフーカと戦う機会が無くなってしまうからなぁって思ってたら、まさかあんな強引な展開で戦うことになるとは思いませんでした。
しかし、ムチャクチャしますなアインハルトさんw
まぁ、アインハルトに燃料くべられたらいとも簡単に燃え上がるリンネちゃんもリンネちゃんですがw

というわけで、対リンネ戦に臨むフーカに喝を入れるアインハルトさんの図。

9話の最後でフーカがどかーんとリンネに一発かましてましたが、あのまままさか勝ってしまうのではないだろうな・・・。
リンネ対ヴィヴィオ戦がああだったから、フーカが勝っても驚かないけど・・・。

■新刊作業中
冬コミ新刊の漫画の作業を進めてます。ペン入れが終わって、今はトーン貼りや効果音入れ等仕上げをやってるところです。多分来週中には完成すると思います。完成したら、12月入ったくらいのところで書店委託の審査に出す予定です。
あ、今回は書店委託もします。興味を持ってくださってる方で、冬コミ2日目は行けないんだよなーって方がいらっしゃったら、ぜひそちらでお願いします。詳細はまた追って。
■2016/11/21:C91新刊作業中
■新刊作業中
冬コミ新刊の漫画の作業を進めてます。今はせっせとペン入れ中。
ペン入れ終わったら、ベタ入れ、トーン貼りと進む予定。
予定よりもやや遅れつつも、何とか今週末くらいを目途に、漫画の方は完成できそうな感じデス。

なんか割と余裕あるな、今回はw
もう1冊なんか作るか。ビビスト本とか<調子にのるな

■ViVid Strike! 第8話
いやはや、ヴィヴィオ勝ちましたね!。まさか勝つと思ってなかったのでかなり驚きました。
途中でヴィヴィオがきっついのもらって血吐いてるの見て、なんだかなぁって白けた気分になってたんですよ。
やっぱリンネが勝っちゃうのかぁ。つまんねーな。身体のタフさに任せて、ひたすら猪突猛進で突っ込んで、なんでもいいから当てりゃ勝ちだなんて、そんなんで勝ってもなぁ、つまんねーな、ってちょっと醒めた目で見ちゃってました。
でも、その後ヴィヴィオがスイッチして、驚異のラッシュでリンネを翻弄し、最後にまさかのアクセルスマッシュ・インフィニティ!
いや〜ビビストはいろいろとホント予想外の展開を見せてくれますね。今回もとても楽しませてもらいました。

次回予告でリンネがなんか死んだ魚の目になってましたが、まーあの状態から救うのがフーカの役割なんでしょうね。っと、また下手に妄想してると見事に裏切られることになりそうなので、止めておきましょうw。余計な邪推はしないで、素直に次回のビビストを楽しみに待つとします。
■2016/11/14:ViVid Strike! 第7話

ビビストも早や第七話。ついにリンネとヴィヴィオが激突ですね。
身体的資質に勝るリンネのパワーファイトに対し、スピードと精密さで挑むヴィヴィオ!
決着は次回に持ち越しとなりましたが、心情的には出来ればヴィヴィオに勝ってほしいなぁ。

ただ、ここでヴィヴィオが勝ってしまうと、リンネとフーカが戦う機会が無くなってしまうんですよね。それは作品の設定上ないだろうから、必然的にヴィヴィオが負けることになるのかなぁ・・・。

ただねー、この状態でリンネとフーカが戦ってどうなるのかってのもちょっと思うんですよね。
リンネがヴィヴィオを倒して、フーカとぶつかることになっても、フーカが勝つってのはなかなか考えにくいんですよね。だって格闘技始めて3ヶ月の新人がいきなりランキング1位のリンネを倒したりしたら、あまりにもご都合主義的すぎるし・・・。
あ、でも、あれか。ミウラ、ヴィヴィオという強敵と戦うことで、リンネはダメージが蓄積して弱ってしまって、結果フーカといい勝負になる、って展開はあり得るかな。それでもフーカが勝つのは無理な気がするけど、そこは最後にアインハルトが王者らしくリンネを一蹴して終わり!・・・・とか?

とまぁ脳内妄想はこれくらいにしてw、次回のビビストを楽しみに待つとしましょうかね。
■2016/11/11:新刊表紙
冬コミで出す新刊の表紙が決定しました〜。どんどんどんぱふぱふぱふ。

結局こっちにしようと思います。

前回上げた絵からはちょっと手直ししてます。一番変えたのは目ですね。

前から見てくれてる人はご存知かと思いますが、私はずっとなのはキャラの絵ばかり描いてたので(というかヴィヴィオばかりですがw)、目を大きく描く癖が身に付いちゃってたんですよね〜。
でも、少し前からさすがにちょっと目がでかすぎだろうって思って、意識して小さめに描くように気を付けてたんです。

ただ、それでもガルパンキャラだと大きくなりすぎる感じで、どうもしっくりこなくて悩んでました。
今でもまだちょっと悩みますけども、漫画描いててだいぶ慣れてきた感じもします。

ちなみに中身の漫画の方は現在下書きの最中。ようやく後半に入りました。来週中にはペン入れまで終わらせたいところ。
■2016/11/04:新刊表紙案2
■まくり上げ愛里寿ちゃん
いろいろいじって何とか完成。
足下にボコを加えて、背景は夏コミで出したマグカップ用に作ったものを流用。

う〜ん、どうですかねぇ。
華やかさという点ではもう一つのの方がよさげな気がしますが、まとまりという点ではこっちの方がよさげな気もするし・・・。
まぁ、もうしばらく寝かせてから決めるとしますかね。とりあえず原稿も進めないとあかんし。
■2016/11/03:新刊表紙案2
いやー、寒いですね。室温がついこないだまでは25度とかだったのに、今は20度くらい。一気に5度も変わったら、身体がついていけません。慌てて冬物とか出してきて着込んでますが、またしても風邪気味になってしまいました。

しかし、なんか今年はすぐに風邪を引くなぁ。少し運動して体力つけんとあかんな、こりゃ。

■まくり上げ愛里寿ちゃん
ちょっと脚を描き直してみた別バージョン。全体のバランスも見直してあちこち描き直してます。

こういう風に描いてからあちこち直すってのは結構やるんですが、割と好きな作業だったりします。
まぁ、あんまりハマってるとそのうち目がおかしくなってきて、わけわかんなくなってくるんですけどねw
■2016/11/02:新刊表紙案2
■まくり上げ愛里寿ちゃん
前にラフで描いた表紙案の絵を仕上げてます。一応10/24にUPした絵が表紙になる予定ですが、こちらも仕上げてみて、気に入ったらこっちを使うかも。

脚曲げて飛び上がってる風に描いてますけど、普通にフトモモのあたりで切った方がエッチな感じになるような気が・・・。

■ガルパンパーカー
しまむらのガルパンパーカーを買ってきました!

今までもTシャツとか売られてるのを知りつつ、指をくわえて欲しいなぁと思ってるだけだったんですが、今回は思い立ったが吉日とばかりに即出撃して買ってきました。
いや実を言うと売ってるの知らなかったんですけどねw。サークル仲間のぴかいち氏に教えてもらいまして。ありがたや。
冬コミはこれ着て行くぜ!
■2016/10/31:BJリンネちゃん
■ViVid Strike!
昨日上げてたリンネちゃんの絵に色塗りました。
この状態のリンネちゃんは大人モードってことでいいんですよねぇ。

私服、初等部制服と描いて、BJ姿を描いたので、これで一通り描いたことになるのかな。
あーっと、まだ中等部制服があるか・・・。

ていうか、原稿やらないと・・・。
■2016/10/30:コミケ当選しました!
■冬コミ
冬コミ、スペースいただけました!
上に案内出してますが、今回は2日目です。ガルパン島です。
Webカタログで確認したら、同じ島の同じ列のサークルカットが愛里寿ちゃんばかりで嬉しい限り。

出し物は予定通りガルパン本を出します。愛里寿とあんこうチームの面々が出てくるちょっとエロありの頭の悪そうな漫画を描きます。他にもなんか作りたいのですが、そっちは時間とのご相談ですね。
とりあえず頑張りますので、よろしくお願いします!

■ViVid Strike!
4話でリンネちゃんの悲惨な過去にかなり度肝を抜かれましたが、5話でもまたもやリンネちゃんが酷い目に・・・。
あんな小さな女の子をリンチしてレイプしようとするなんて、「てめーらの血は何色だあああああっ!」と思ったんですが、リンネちゃんの洋服が破れて下着見えたりしないかに気を取られて(をぃ

で、リンネちゃん。初等部制服、中等部プライベートを描いて、あとバリジャケ姿も描きたいなぁと思って描き始めました。
線のクリーニングまで終わったところ。


あと、すっかりアインハルトの世話女房になっちゃったユミナさん。

去年のヘッドホン本用に描いたイラストを一部塗り直してみました。ヘッドホン本用に描いたイラストは今まで一部公開したのみですが、そろそろUPしてもよいかなぁと思ってます。
ジークさん、ハリーさんあたりはちょっと塗りを直して公開しようかなぁ。
■2016/10/25:幼リンネちゃん

幼女で養女なリンネちゃんがあまりにも可愛いので、ビビスト4話を繰り返し見たいと思うのですが、後半の展開を1度見てしまうと、序盤のリンネちゃんの純真無垢な笑顔が痛々しくて・・・。とても最後まで見てられません。

というのは嘘で、むしろ最後だけ見てます(を
序盤の可愛いリンネちゃんを見たら、途中のいじめのシーンは気分が悪いのですっ飛ばして、最後の覚醒リンネちゃんでカタルシス、カタルシス。やっぱ戦う理由はこうでなくっちゃなぁ。
■2016/10/24:ガルパン新刊表紙絵
新刊表紙絵がでけました。
前回のラフの通り、実際の絵はもう少し下まであります。どこら辺でトリミングするか、タイトル位置等を検討しつつ調整中。
あ、ちなみに正面のボコの奥も一応レイヤー分けて描いてあります( ̄ー ̄)ニヤリ
内容的にはいつも通りサークルメンバーの合同誌で、私はあんこうチーム+愛里寿のちょっとだけエロな漫画になる予定。

さてさて、いよいよ冬コミの当落発表が今週末に迫ってきました。
今回は初のガルパンでの申し込みということで、ここで落選するといきなり出鼻をくじかれることになるので、出来れば当選して欲しいところです。
ただまぁ、もし落選した場合でも、今のところは冬コミ合わせで本を出そうと思ってます。その場合は書店委託になると思います。あくまでも今のところは、ですが・・・。

■ViVid Strike!
4話見ました。制服来て楽しそうにくるくる回るリンネちゃんの可愛いこと!
序盤の純真無垢なリンネちゃんの可愛さが際立っていたせいで、いじめが始まってからの展開を見て胸が痛くなりました。
「てめーらの血は何色だあああああっ!」

思ってたよりヘビーな話ですね、これは。
ViVidと登場人物が被ってるから、同じような雰囲気の作品かと思って見てましたけど、どうもそうではなさそうだなぁ。
■2016/10/19:ガルパン新刊制作作業中
ようやく風邪っぽいのがほぼ治ったので、新刊の作業に着手してます。
本編の漫画とあわせて表紙絵も進行中。
実を言うとすでに想定していたスケジュールよりも1週間丸々遅延しとります(汗。挽回せねば。

ちなみに表紙はこんな感じになる予定。

■2016/10/17:愛里寿&ヴォイテク
な〜んか風邪がすっきり抜けてくれません。おかげでPSVRで遊ぼうという気にもなれず、結局買ってから1時間もやってないんじゃないだろうか。

愛里寿「ちょっと大洗女子んとこ行ってくる」
中隊長陣「えっ、それでですか!?」

先日の愛里寿が完成です。なんか、もう表紙これでいいんじゃねって気もしないでもないですが。
ちなみにヴォイテクはオリジナルの状態にしましたw

改めて見ると、パンツの露出がちょっと過度でしょうかねぇ。いやまぁラフの時点で分かってはいたことですけどねw
もうちょっとチラリな感じの方がよかったかなぁ。

さーて、明日からは本の中身に本腰入れて取り掛かろうと思いますよぉ〜!
途中経過等はまたおって。
■2016/10/14:愛里寿作業途中
いやー、すっかり秋めいて、涼しいというか寒いくらいになってきましたね。
ちょっと風邪気味になってしまって、ここ数日は絵もロクに描いてませんでした。

■愛里寿

前に描いてたラフを仕上げてます。愛里寿がヴォイテクに跨ってるやつ。
これ終わったら本編に本格的に着手せんとなぁ。
ちなみに冬のガルパン本表紙はこの絵ではなく、10/7に上げたラフを仕上げて使おうと思ってます。

■プレイステーションVR
ついに発売になったPSVR。私も予約してたのを受け取ってきました。

実はサークル仲間のぴかいち氏に、夏コミの時にオキュラスのDK1を借りてVR体験を済ませていたので、VRがどういうものなのかってのは知ってました。
(オキュラスというのは、PCでVR体験できるハードです。DK1はそのオキュラスの初期モデル)
なので、PSVRを実際に使ってみても、インパクトという点ではそれほど強烈には感じませんでした。
でも、DK1と比べて格段に上回る解像度と、有機ELの綺麗さは、期待を裏切らないものでした。
第一世代のVR機ってことでいろいろ不満点はあるものの、第一歩としては十分な出来だと思います。

VR未体験の方の中には、世のゲームすべてがVRになっていくんじゃないかと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。私も以前はそんな風に思ってたこともありました。でも、少なくとも現状のVRには明らかに向き不向きがあり、ゲームに限らず用途が限定されると思います。

ゲームに関して言えば、最大の問題は「酔う」ことですw
私は「VRリュージュ」「スカベンジャー・オデッセイ」でかなり強烈に酔いました。
Gや姿勢変化を伴わないままカーブを曲がったり、ジャンプしたりすると、なんというのか、脳が事態を理解できないようで、なんともいえない猛烈な気持ち悪さを感じます。
この酔い方ってのが、なんか脳の芯が浮遊するような酔い方で、これを繰り返してると脳が造り替えられるんじゃないかって思うような、今まで体験したことのないヘビーな感じなんですよね。すでに1日経ってますけど、なんか今でもまだ影響が残ってるような気がします。

とりあえずPSVRをやってみて、いずれ凄いものになっていきそうって可能性は大いに感じます。
ハードの進化と、あとはコンテンツ次第でしょうか。今はまだ作る側も手探り状態で、何をどうVRで作っていけばいいのかって悩んでる状態だと思います。
今出てる中では、サマレとかミクライブはVRコンテンツとしてよい感じだと思いました。キッチンもホラーとVRの相性の良さを感じさせてくれました(バイオ7が全編あれだったら絶対途中でチビる)
前述の通り、カーレースとか、宇宙船に乗り込んでの戦闘とか、一見すると一番VRに向いてそうなゲームが今のところ軒並み酔うので、この辺りをどうしていくのかってのが課題ですね。まさか一部の酔いに強い人だけ用に作るってわけにはいかないでしょうし、その辺を解決できないと、この手のゲームは厳しそう。
■2016/10/08:眼鏡ヴィヴィオさん
前に描いた下書きに色塗ってみました。
どうせなら眼鏡の日に上げたかったんですけどね。もう一週間過ぎてるし・・・。

ツイッターで「ヴィヴィオに眼鏡は似合わないと思ってたけど似合いますね」って言ってくれた方がいらっしゃって、私はそうは思ってなかったのでちょっと意外だったんですけど、考えてみればまぁ魔法少女というよりはガチの格闘技少女だし、確かに眼鏡ってイメージではないかもしれませんね。
でもヴィヴィオって無限書庫の司書さんですし、もともと作品自体が「文系魔法少女」って謳い文句だったんですよね。実際に眼鏡かけたらサマになりそうな気がするなぁ。
■2016/10/07:らくがきとか
■愛里寿らくがき
新刊のガルパン本、表紙はこれでどうでしょう!(またか

あんまり露骨にM字開脚させると品が無くなってしまうので、そこは控えめに。
愛里寿ちゃんはお嬢様ですからね。
まぁ、お嬢様が品無く乱れる・・・そのギャップに燃える、という心意気は当然理解できますけどもw

ちなみに言うまでもなく本では差分あり、というかクマ無もありで。

■練習
わき練習。なぜかヴィヴィオさん。

わきって多くの方にとってはかなりフェチ度の高いポイントだと思うのです。

胸のあたりから脇の下にかけて、じっとりと汗ばんだ肌を舐め上がりたいっ!(変態

そのような行為は世の紳士のほぼ100%が抱く願望と言えるでしょう。

なので、まぁ当然のことながら絵に描いた際も訴求力が高いと思います。
出来れば積極的に描いていきたいところです。わき。

でも、いざ描こうとするとこれがなかなか難しいですね。肩や胸から腕にかけての筋肉がどうなってるのか、その辺をある程度分かってないと描けないです。

実を言うと私もあんまりよく分かってないです。人体の皮をはいで筋肉をむき出しにしたような図は、ネットにもいくらでもありますけど、あまりに複雑で、どこがどうなってんだか見てもよく分かりませんw。
しかもそれが実際に動いた際にどうなるかなんて、なおのことわけがわからなくなります。

脇を描く際の参考として、ポイントを絞るとしたら、三角筋や大胸筋のあたりですかねぇ。

まぁ、劇画調のリアルな絵を描きたいわけではないので、もちろん省略やデフォルメはありでしょうけど、基本的なところが分かってないと、省略やデフォルメのしようもないわけで。

やっぱり基礎は大事ってわけですよね〜。練習あるのみですね。
■2016/10/04:らくがきとか
こないだUPしたデフォルメゆっきーの完成版です。デフォルメキャラ描くの楽しいです。
犬日々のキャラは今まであんまし描いたことなかったのですが、ぶっちゃけなのはキャラと同じなので描くの楽かも。


らくがき。冷泉殿とか、フーカちゃんとか。

フーカは一度ちゃんと描きたいです。あとリンネも今度はBJ姿で描きたいなぁ。

■ヘッドホンの話
結局買ってしまいました。beyerdynamicの新鋭機DT1990PRO。
まぁ買ったというか、手持ちのPS1000とDT990PRO LEを下取に出して、ほぼ交換という形でゲットしたんですけどね。

PS1000はムチャクチャ気に入ってた機種でしたが、1時間ほどで頭痛を引き起こすその重量と、短すぎるコードがネックとなって、今年に入ってからは殆ど使わなくなってました。さすがに置物にしておくのは勿体ないので、この機会にいったん処分することにしました。多分またGRADOが聴きたくなると思いますが、まぁそうなったら、そん時はまたGS1000でも買おうと思ってます。
DT990PRO LEは、DT1990PROが来たらまぁまず使わないでしょうから、合わせて処分することにしました。
DT1990はDT990の後継機とも言われてますが、価格帯が違いすぎますし、進化発展型というべきじゃないかと思います。

作りはしっかりしていて、安っぽさは感じません。下手すりゃT1よりも高級感あるんじゃないかと思います。
音は一言で言ってしまえば、DT990の正常進化とも言うべき音です。DT990を高解像度化して、上品にしつけたって感じかな。
DT990のように低音がぼわつくことはありませんし、高音も意外と尖った感じの音が鳴りますが、痛いと感じる手前でうまい具合に抑えられていて、不快に感じるようなことはありません。

兄弟機にあたるDT1770が、ネットのレビューとか見てると「モニター用途には良いがリスニング用途にはイマイチ」みたいに書かれていることがあって、DT1990もそうだったら困るなぁって思ってましたけども、実際に聴いてみると決してそんなことは無く、十二分に音楽を楽しめるヘッドホンに仕上がってました。

DT990もそうでしたけど、このDT1990はゆかりんが心地よく聴けます。あとガルパンのサントラなんかもちょっとびっくりするくらい良い感じで聴けました。SR-009よりもこっちの方が楽しいんじゃないかって一瞬思ったくらい。
■2016/10/02:ViVid Strike!
■祝ViVid Strike! 放映開始
Amazonのプライムビデオで先行公開されてたので1日の昼間に見ました。
ViVidアニメの印象が未だ根強く残っていることもあり、どんなもんかおっかなびっくり見たんですが、
面白かったです!

ヴィヴィオやアインハルトが脇役になって、聞いたこともない名前の新キャラが主人公だなんて、なんだよそれはー!
って懐疑的な気持ちもあったんですけどね。そんなのは杞憂でしたね。

ヴィヴィオたちチームナカジマの面々はViVid本編よりも、むしろ立ち位置的にぴったりくるというか、違和感なかったなぁ。

で、放映開始記念ってことで、リンネちゃんを描いてみました。
まぁ、ホントならフーカちゃんを描くべきなのかもしれませんけど、ビジュアル的にこの子の方が好みなんですよね。BJもミニスカートっぽいし。
あぁ、リンネちゃんに見下されたい!

ていうか最後の方でパンツ見えてませんでしたか、この子!

■劇場版なのは3作目
いきなりさらっとCMやってましたねw
あまりに自然にあっさりと流してくれたので、脳が一瞬事態を把握できませんでしたw
来年の夏かぁ・・・。
しかし、いきなりいろいろ動き始めたなぁw