■2018/02/04:ワンドロとか
■近況
今年は過去最大級のインフル大流行だそうで。しかも珍しくB型が多いとか。
実は私もインフルエンザB型を発症して寝込んでおりました。いや〜、ホント辛かったです。
全身症状(関節や筋肉の痛み等)は何年か前にA型食らった時よりは軽かったように思いますが、なかなかすっきりと治ってくれず、結局1週間くらい寝込んでましたし、解熱してからすでに1週間経った今でも、腰痛と喉のムズムズした感じが収まっていません。まぁ、腰痛はインフルのせいというよりは、身体に合わない固い布団で一週間近くも寝たきりになってたせいなんですが・・・。

この上さらにA型に感染とか冗談ではないので、しばらく流行が収まるまでは十分注意して、マスク、手洗いを徹底しようと思います。
皆さまもお気をつけくださいませ。

■ワンドロ
2月2日、お題「西住まほ」
ホントはもっと・・・こう・・・冷たく見下すような感じで描きたかったんですが、なんか普通にお姉ちゃんな感じになりましたねw。胸はやや意識して強調気味で描きました。


1月17日、お題「知波単学園制服」でみぽりん
なんかあっさりした感じになりました。色合い的なものがあるかな。


1月15日、お題「黒森峰女学園制服」で愛里寿ちゃん
色合い的に愛里寿ちゃんはモノトーンが似合う感じがします。


1月14日、お題「プラウダ高校制服」でマリー様
あまり描かない構図で描いてみようとして、寝そべりマリー様。今一つな感じに・・・。


1月10日、お題「アンツィオ高校制服」でマリー様
個人的には割と好きな感じで描けた絵です。白タイツはもう少しエロく描いてもよかったかなw


■ATH-ADX5000
我が家のヘッドホンフリートに超ド級の旗艦がやってきました。
オーディオテクニカの開放型フラッグシップ機ATH-ADX5000です。
あまり使う機会の無くなっていたHD800SとEdition9を手放し、入れ替わりにこのADX5000を導入しました。


このクラスのヘッドホンとなると、もはや単純に値段で語れるものではないのですが、HD800やT1、TH900などの各社ハイエンド機が出揃った今の時期に、あえてそれらを超える値段で出してくるだけあって、オーテクの本気度は相当なものです。実際、性能的にはかなりずば抜けたものがあります。

低域から高域まですべての音が等しく鮮明です。フラットでとりわけ強調された部分等はないのに、どの音域も素晴らしく実体感があり、全域の音が生々しく聴こえます。音の輪郭は精緻極まりなく、狭すぎず広すぎずの空間表現も見事の一言です。ハウジングによる余計な付帯音や演出は感じられず、とにかく音が生々しいです。このヘッドホンで聴くと何を聴いても「あぁ、恐らく制作者側が聴かせたかった音はこういう音なのだろうな」と感じさせてくれます。記録されている音をモニター的に忠実に聴かせるというのではなく、音楽的に作り手がこういう風に楽しんで聴いて欲しいと願った通りの音を聴かせる、そんな感じです。それゆえ何を聴いてもとても心地よく、楽しいです。

一つだけ難点を言うなら、高域にちょっと線の細い神経質な感じがあり、刺さる、とまではいかないのですけど、時折気になることがありました。オーテクっぽいと言えなくもないのですが、もう少し丸くてもいいかなって思いました。音に関して気になるのはその一点のみで、他は言うことなし。ほぼパーフェクト。


あと、このヘッドホンで特筆すべきはとにかく軽いこと!
世のハイエンドヘッドホンってのは、デカくて重いのがステータス!と言わんばかりに巨大で重たいものが多いのですが、このADX5000はびっくりするくらいに軽いです。
徹底的な軽量化のために、材料にかけるコストを惜しまず、構造も可能な限りシンプルに設計した結果とのことで、その割り切りの良さは気持ちが良いほどです。 もちろん値段が値段ですから、軽いからって作りがちゃちいということはありません。でも、見た目的にゴージャスに見せてやろうとかいう色気は全く感じられず、知らない人が見たら、2〜3万クラスのヘッドホンと大差ないように見えるでしょう。
しかしながら、ADX5000を実際に装着して聴いたら、見た目なんてもうどうでもよくなります。ヘッドホンというのは、重さが軽いというだけで、どれほどのメリットになるのか、400g、500gといった重量級ヘッドホンを使ったことのある人なら痛感していると思います。軽くて、大好きな音が出るヘッドホンというのが、どれほど尊いものか・・・。その明らかな答えがADX5000にあります。

このヘッドホンが値段相応と感じるか否かは、個人の好みにもよると思いますが、性能的に現時点での開放型ヘッドホン最高の1台であることは間違いなく、私は値段も含めて強く肯定したいと思いました。

このADX5000はユーザー登録すると保証が通常の1年から2年に延長され、さらに保証が切れる2年後に新しいイヤーパッドを無償で送ってくれるそうです。ADX5000のイヤーパッドはアルカンターラ製で、普通に買えば左右ペアが1万円します。保証延長も大きいですが、ヘッドホンって初期不良以外ではそうそう壊れることはないので、むしろイヤーパッドがもらえるというのが嬉しいですね。
■2018/01/13:イラストとか、戦車模型とか
■マリー様
ツイッターで第1回ガルパン最終章公開記念イラスト投稿企画が再開してたので投稿した絵です。


■ワンドロ
ワンドロで描いたものが溜まってるので、以下にまとめてアップします。

1月2日、お題「逸見エリカ」


1月5日、お題「大野あや」


1月8日、お題「西絹代」


1月9日、お題「マリー」


1月10日、お題「大洗女子学園制服」でマリー様


1月11日、お題「聖グロリアーナ女学院制服」でマリー様


■戦車模型
1/48MMシリーズ第二弾としてファイアフライを作りました。
ファイアフライはイギリス軍がアメリカから大量に供与されたシャーマンを魔改造したスペシャルシャーマンです。イギリス軍の優秀な対戦車砲である17ポンド砲を搭載し、ドイツ軍のティーガーやパンターと互角の攻撃力を持つに至りました。ガルパンでも大洗女子の戦車を次々と屠ってましたね。「鼻の長いのにやられました〜」

ファイアフライの攻撃力を脅威と見たドイツ軍が、ファイアフライを目の敵にして狙ってくるので、イギリス軍ではファイアフライを素のシャーマンに見せかけるために、砲身に偽装迷彩を施したそうです。その話を初めて知った時は、チャチな真似をするもんだな、そんなのホントに役に立つのか?って思いましたが、今回自分でプラモデルを作って、偽装迷彩をやってみて、意外なくらいに効果があるというのを実感しました。下の写真とか、ぱっと見で砲身が途中までしかないように見えますよね?w

下は前回作ったクルセイダーとの2ショット。写真だと大きく見えるかもしれませんが、1/48って手のひらに乗るくらいの大きさで、実際はかなり小さいです。迫力という点では1/35には敵いませんけど、1/48の方が飾るのにスペース取らないですし、小さい戦車が並んでるのって可愛くてなんだか見てて楽しいです。しばらく1/48を作りたい気分w

まずはイギリス戦車を集めることにしたので、次はクロムウェルかマチルダを作ろうと思います。実はすでにどっちも買ってあったりw
実は1/35のBT42も買ってあるんだけどなぁ。1/48の気楽さに慣れてくると、1/35は腰が引けてしまうw
■2018/01/02:あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
昨年はいろいろありましたけど、今年は良い年になることを祈って、前向きに頑張って行こうと思っております。

夏コミ直後から完全に休眠状態になっている同人活動も、今年は徐々に復活させていきたいです。とりあえず夏コミをどうするか決めないといけません。本を作るならやっぱり愛里寿ちゃんかな。でもマリーさんも描きたいんですよね〜。マリーさんのエロいお姿を・・・。
申込の締切まではまだ間があるので、もう少し考えるとします。

■お絵描きPC
昨年末からお絵描きPCの調子がちょっとおかしくて、クリスタで描いてるとやたらペンが引っかかる現象が頻発してました。一瞬引っかかって、そのあとはしばらく普通に使えて、いったんペンを離して再度描き始めるとまた引っかかる・・・その繰り返し。描けないわけではないものの、描いてるとストレスたまってイライライライラ・・・。

絵を描く専用のPCということで、ハード的に必要最低限のスペックを狙って組んだのが裏目に出たのかもしれません。昔は一番大事な趣味であるお絵描きに使うPCってことで、過剰なくらいのスペックのパーツを奢って構築してたのに、今じゃCPUとかのスペックが全体的に底上げされたこともあって、お絵描きだけなら最低クラスのパーツで良いだろうとか思っちゃって・・・。下手に見切ったのがそもそもの間違いだったように思います。
そんなわけで、今更ながらに反省し、CPUのパワーアップとグラフィックボードの追加を行うことにしました。CPUは同じCore i3ながら4コア4スレッド化されて一世代前のCore i5に匹敵する性能を持ったCore i3-8100。VGAはこれまた前世代のGTX960を上回る性能を持つGeForece GTX1050Tiを選択しました。CPUを変えるとなると、マザーボードも新調する必要がありましたが、幸いメモリをそのまま流用できたので、パーツ代はCPUとVGAとMBで計4.5万ほどで収まりました。

換装作業は拍子抜けするほどあっさり終わって、なんのトラブルも無し。お絵描き環境の再構築も事前に準備していたおかげでスムーズに完了。半日程度ですべて終わりました。いや〜ホント昔に比べるとトラブルとか起こらなくなりましたね。昔は自作PCいじりだしたら、1日ですんなり終わったらラッキー、何かしらトラブルが出て数日かかるのは当たり前、だったんですけどねぇ(遠い目)
ま、余計な苦労はしないで済むに越したことはないですねw

あ、ただハード的なトラブルはなかったものの、OSで一つ問題がありました。Win10のライセンス引継ぎを失敗してしまい、認証が通らなくなってしまったんです。元々入れていたWin10はDSP版Win7から無料アップグレードしたもので、元のWin7のプロダクトコードはすでにケースごと廃棄しちゃっていて、マイクロソフトアカウントとの紐付も切れちゃってる・・・というわけで、もはやどうにもならない・・・。仕方なくAmazonでオンラインコード版のWin10Homeを買いました。これが1.6万ほどで、パーツ代と合わせるとかかった金額は結局6万ちょっと・・・最後のOS代は痛かったデス。

当面はこの構成で不満なく使えると思うので、頑張ってバリバリと描いていこうと思います。

■ワンドロ
12月31日、お題「描き納め」。2017年の描き納めはやっぱり愛里寿ちゃん!
先日届いた愛里寿ちゃんの水着フィギュア(ボコぐるみ脱ぎ掛け)がすっかり気に入ってしまったので、季節感完全に無視で水着姿。


■戦車模型
ずっと積んだままになってたタミヤ1/48クルセーダーMk.Vを作りました。
1/48のMMシリーズ初めて作りました。小さくて飾る場所も取らずに済むし、作るのも気楽に作れてよいですね。しばらく1/48を集めてみようかな。とりあえず次はファイアフライ作ります。


■2017/12/26:気づけば12月も終わり、ていうか1年も終わり・・・
■近況とか
気付けばここもひと月近くほったらかしになってますね(汗
相変わらずいろいろと落ち着かない日々が続いてることもあって、HP更新に中々手が付けられませんでした。見に来てくださってる方にはホント申し訳ないですm(__)m

まぁ、そんな中でも実は絵はちょこちょこ描いてて、ワンドロやったり、イベント絵を描いたりして、ピクシブやツイッターにはUPしてました。描いたやつを下の方でまとめてUPしときますんで未見の方は見てやってくださいませ。

■ガルパン最終章 第一話
観てきました。面白かったです。
実は前半の急展開にちょっと置いていかれそうになったんですが、後半の戦車戦ではすっかりハマって観入ってました。これ、初めて劇場版見た時と同じです。あまりにも導入部の展開がぶっとび過ぎなんですよねw

で、今回の対戦相手であるBC自由学園の面子の中で、一番のお気に入りなのがこのマリーさん↓。天然入った能天気なお嬢様(あほの子ともいう)かと思いきや、実は思慮深い策士だった(たぶんw)、という意外性も相まって、すっかり気に入ってしまいました。見た目も可愛いですしね。扇子広げて「撤退!」ってのが最高に可愛かったです。


一方の大洗側の新キャラで、一番気に入ったのはこのカトラスちゃん↓。
この子が気に入った理由ってのは、まぁ主にその見た目なんですが、性格的にも好みな感じだったので、今後の活躍におおいに期待したいです。
ちなみにこのカトラスちゃんは12月21日付けのワンドロで描いたものです。カトラスちゃん大人気で、私が描いたこの絵もかつてないほどの反応をもらえてびっくりしました。


最終章観て、無性に作りたくなって久しぶりに買いました。戦車模型。
マリーさんの愛車ルノーFT-17が欲しかったんですけど、少々お高くて・・・。お手頃なタミヤのソミュアS35にしました。でも、これも可愛くてとても良い感じ。
ワタシ、昔は立派な砲身のついた大きな戦車が好きだったのですけど、最近は小さい大砲のついた可愛い戦車ってのが好きになってしまって。次はBT-42作ろうかなぁとか思ってたりします。



■五十鈴華生誕祭
12月16日が華さんの誕生日ということで1枚描きました。
実は華さんの誕生日の3日後(12月19日)がカルパッチョの誕生日だったんですが、ソミュア作ってたりして残念ながらパッチョさんは描かずじまい。ちょっと心残りであります。
誕生日絵ということでは次は1月1日が角谷杏(元)会長ってことになりますけど・・・うーん、さすがに厳しいかなぁ。年賀絵として今から描くってのもアリだけど・・・。


■メリクリ
ツイッターのガルパンクリスマスイラスト投稿企画用に描いた愛里寿ちゃん。


■ワンドロ
12月1日 お題「冬服」で愛里寿ちゃん


12月5日 お題「砲手」でノンナさん


12月8日 お題「宇津木優季」


12月25日 お題「サンタコス」で五十鈴華さん